理解に苦しむメール配信

私には、理解に苦しむメール配信というものがあります。それは、どんなメール配信かというと、一日に何回もメール配信してくるサイトです。それは確かにそのサイトに関する情報なのですが、それがわざわざメールするような内容なのか?と疑問に思ってしまうような内容なのです。

 

しかも、そのメールには他の広告もたくさん入っており、おそらくそちらがメインだということはわかるのですが、私にはそのサイトからくるメールは開く気にもなりません。

 

そうこうしているうち、いつの日か勝手に迷惑メールり振り分けられるようになりました。これにより、私以外にもそう思っている人がいたんだな、と何だか安心してしまいました。

 

それだけわんさかメールがくれば、逆にストレスがたまってしまうからメールを見ない人が多いので、逆にサイトにとっても不利益なのでは?と考えてしまうのですが、そこにはそのサイトなりの方針があるのかもしれないと思いました。

なるほど。行き過ぎたメールの配信は時として迷惑になってしまうということですね。確かにそれは一理あるように思えます。大切なことは、何事にも節度を持ち、適度な距離感をもってサービスを提供するということなのでしょう。

 

>>メール配信の顧客管理と会員システム